スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷土料理。

今回は煮しめ。 昨日もちょいと話題になりまして。。。
具は何かね?一晩おくのかね?的な。 味付けは!?っ的な!!。
実はこの煮しめ。 家によって全部違う。 まぁ地域によって具は大体一緒。 我が、旧吉井村におきましては・・・。 俺が語ってよいのか?。 まぁ、語るさ。 具は焼き豆腐、人参、でぇこん、板コン二種、昆布、焼きスケト、かまぼこ、か?あれば筍。 基本この辺りは色薄め。 これは醤油の種類もあんだろうけど味はしっかりつけます。 煮しめですから。 煮付けの延長。 汁がほとんどなくなるまで。 素材の味を生かしつつ出汁がきいてる感じ。 勿論、具によって別なべで最後に混ぜる、みたいな。 何でしょう、料理の基本みたいのがここにあるのでしょうか。 祭りにはどの家庭でも必ずでます。 家? 家は婆様まで作ってたんですが。。。 手間暇と愛情の詰まったものが郷土料理で、これまた受け継いでいかんなんもんなんでしょうね。 我が家の味はこれなんだと。 家はその辺りおかんがうとくて。。。 情けなや。 でも味は覚えてますのでおいおいと。 

そうそう、具に関してはその時期の旬のものをやっつければいいらしいです。 なんでも旬のものをうましくいただく。 それが先人の知恵。 郷土料理。 

そいやぁ鰤あがったんだってか?。 こりゃやらんばなんねぇだろ。 鰤はダメでもイナダぐれでも食わねばならんこて。 ん?なんか越後弁ぽいなぁ。。。 佐渡弁と越後弁が時たま混ざるんです。 ご勘弁を。 
最近、鰤しゃぶなんぞがはやっとるみてぇだけもまずそのまんま食えっちゃ。 生の味を堪能してから違うもんやらんかっちゃ。 のう?。

旬のものをうましくいただく。 それこそが食の幸せ。
スポンサーサイト
* COMMENT *

寒ブリ

もう寒ブリの季節なんですね。

佐渡の寒ブリは最高に旨い!
私の佐渡での一番のお勧めですかね。

昨年は良くなかったみたいですが、
今年は大漁だといいですね。

早く寒ブリの刺身食いてぇなぁ。

tomファンさん

これからの時期はやはりあいつを食さんばならんすね☆ 脂ののった肥えたやつを♪。

* コメントの投稿 *

管理者にだけ表示を許可する

* トラックバック *


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


旅で出会ったローカルごはん

 ローカルごはんとは、「その土地で生まれて伝えられ、今でもしっかり根付いているごはん」のこととか。 北は北海道・札幌のジンギスカンやスープカレー、帯広の豚丼から、南は那覇の沖縄料理やステーキまで。30道府県にわたり41種の郷土料理を紹介している。 日本


 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。